幼児教室で隠れた才能が花開く|子供はドンドン成長していきます

心身ともに成長する

男の子と先生

今の子どもはゲームをしたり、家でDVDを見るなど友達と遊ぶ時もあまり外に出たがりません。一日の内で体を動かすのが体育の授業の時だけという子どもも少なからずいます。成長期を迎えた子どもの骨や筋肉をしっかりと育てるためには、適度な運動が必要です。そこで、スポーツの習い事をさせて身体的な成長を促してあげましょう。幼い頃から体を動かしていると、スポーツをしていない子どもに比べて体内組織が順調に成長し、筋肉量が増えることで新陳代謝もアップするので病気知らずの体を作ることができます。しかし、スポーツの習い事には色々な種類があるため、子どもと相談しながら運動の種類を決めていくと良いでしょう。習い事は継続が大切なので、自分の好きなスポーツを選べば自然と楽しく習い事を続けることができるでしょう。

子どもにスポーツの習い事をさせる際、野球やサッカー、バレーのような団体競技を選ぶと良いです。目的達成のためにチーム全員で一致団結するスポーツなら、プレイを通して協調性が身に付き、勝利を得た時の達成感などを感じることができるので、自分に対して自信ももてるようになります。さらに、団体競技は自分だけでなく周囲にも気を配る必要があるので、状況を判断するための力も身に付きます。また、団体競技で無くても、水泳のように水の中で行なう運動なら、心肺機能が上がって免疫力もアップしますし、目標達成のために努力する心も身につくので、心身ともに成長が期待できます。子どもにこれから習い事をさせようと思っているのなら、勉強だけではなくスポーツにも目を向けてみましょう。